自動車ローンはどうなるのか

借金がたくさんあって、このままでは返済が滞ってしまうという場合、法的手続きに基づいて、借金を免除したり減額してもらう方法があります。

 

自己破産した場合は借金の全額免除をしてもらい、その代わりに家や車などの財産は売却して債務の弁済に充てることになります。

 

その他の方法での債務整理だと、利息制限法に基づいて借金を減額してもらい、3年以内に完済するという契約を結ぶことになります。
家や車などの財産は保有したままでできる手続きになりますが、自動車ローンを整理した場合は、その対象車は債権者によって没収されることになります。
債務整理をすると、数年間はローンが組めなくなりますので、新たに車を購入することもできなくなります。

 

仕事に行くのに車が必要だという方などにはとても困った状況になってしまいますね。
そういう場合は、車のローンは外して手続きすれば良いのです。
住宅や車など、失いたくないものに関するローンは外し、キャッシングやカードローンだけ整理することができますから、財産を保有している方はこちらの方法を選択すると良いでしょう。

 

ただ、破産にしても他の方法にしても、ブラックリストに載ることには変わりありません。
数年間借金ができなくなるということは覚悟して手続きに臨むようにしましょう。

コメントは受け付けていません。