保証人はどうなるのか

主債務者(借り入れした本人)が申し立てを行なった場合、貸金業者は保証人の元へ向かう事となります。
これは債務整理全般に言える事で、申し立てをすればそこで、主債務者は取り立てから開放される事となります。

 

 

この手続きの場合、主債務者が申し立てを行うと、裁判所から債権者へ通知があり、そこで取り立てがストップします。
よって主債務者が債務整理する場合、債務者と同等の借金に対する保証義務を持つ人がいれば、その人に必ず連絡してください。

 

 

そして両者で話し合いを持った上で、可能であれば、一緒に申し立てを行ってください。
自分だけ借金問題から開放される事を考えるのはいけません。
これはいきなり貸金業の取り立てがやってくる事をイメージすれば誰でも理解出来るはずです。

 

お金についての問題です。
後で当事者同士でトラブルに発展する可能性もあります。

 

 

借金に関する話し合いは、主債務者からすれば切り出すのが難しいのはわかります。
しかし、そんな話しづらい事だからこそ、しっかり相手に連絡し、対応策を話し合うべきです。

 

 

どうしても当事者同士で話し合う事が難しいと感じたら、間に誰か冷静な第三者をワンクッションおきましょう。
この手続きでは、債務者自身で申し立てを行う為、専門家は必要ありません。
しかし、間を取り持ってくれる第三者として弁護士、司法書士を交え、話し合いを持つという選択肢もあります。

 

 

という事で、主債務者であれば、自分の借金に対して責任を持った対応を心がけていきましょう。

 

コメントは受け付けていません。