生命保険は解約しないといけないのか

借金が多額になってしまい、自分の力では返済が難しくなってしまった方は、債務整理によって債務の免除や減額をすることができます。

 

しかし、何のリスクもなしに債務の免除や減額をできるわけではありません。

 

自己破産の場合は家や車などの財産を処分して債権者への返済に当てる必要がありますし、解約返戻金のある生命保険なども解約して返済にあてなくてはいけない場合もあります。

 

自己破産は債務の全額免除ですから、債務者が受けるペナルティもかなり大きなものとなってくるわけです。

 

しかし、その他の方法の債務整理だと、個人の財産を所有したままで債務の減額ができますから、保険関係も基本的には解約する必要はありません。
しかし、債務整理をすると、減額してもらって、3年以内に完済するという契約をすることになります。

 

ですから、保険料の支払いなどを続けていると、返済に影響してしまうことも当然考えられます。
この場合は、債務の返済を優先すべきですから、どうしても必要なもの以外は切り捨てていくべきだと考えられます。

 

将来的にどうしても必要な保険というのもありますから、そのあたりはよく考える必要がありますが、解約しないまでも、保険の見直しなどで保険料の減額を考えても良いでしょう。

コメントは受け付けていません。