費用の目安

この手続きにかかる費用は他の債務整理に比べて低く抑えることができます。

 

それはこの制度が専門家に頼らず自分自身の手で手続きを行う、ということを前提とした債務整理手法であるからです。

 

実際の申し立てに要する金額は、申し立て手数料が債権者1社あたり500~1000円で、予納郵券が1450円(債権者が1名増えるごとに250円加算)ほどです。

 

実際には裁判所によってかかる負担額が異なってくるので、所轄の簡易裁判所に今一度確認してみてください。

 

なお、仮に弁護士や司法書士に依頼した場合、債権者1社あたりの報酬が20000~30000円が相場とされています。

 

次にそもそも個人再生に要する金額ですが、ご自身で申し立てされる場合は、申し立て手数料が約10000円、管報広告費が約12000円、個人再生委員報酬が約150000~250000円、予納郵券が約4000~8000円となります。

 

また個人再生委員が選出されない場合は、個人再生委員報酬は発生しません。

 

一方、弁護士に依頼する場合については、個人再生委員報酬を含め400000~600000円程度で、司法書士の場合は200000~400000円、予納金が200000円となります。

 

なお、個人再生委員報酬が不必要になる場合もあるので確認してみて下さい。

 

その他では、郵便切手と印紙代がそれぞれ5000円~100000円、この調停から着手金として40000円かかります。また成功報酬は30000円、郵便切手と印紙代が500円となります。

コメントは受け付けていません。