マイホームには住み続けられるのか

借金の返済に困り、債務整理を考える方は少なくありません。

 

しかし、借金を整理することにはそれなりのリスクがあります。
例えば自己破産をすると、家や車などの財産を売却し、借金の返済に充てる必要があります。
その代わりに借金を全額免除してもらうのですね。

 

しかし、その他の債務整理の方法だと、マイホームを持ち続けながら利息制限法に基づいた借金の減額をしてもらうことができるんです。
ですから、家や車など失いたくない財産を持っている方は、安易に自己破産を選択せず、その他の方法を選ぶことが多いのですね。
調停の場合は、弁護士や司法書士に依頼せず、裁判所を介して行います。

 

法律家に依頼するとそれなりにお金がかかり、借金を減額後に報酬を支払うことになるので、その余裕のない方は調停を選択することもあるのです。

 

ただ、これも任意整理と同じことですが、三年以内に借金を完済するという条件で減額してもらうことになります。
これが守られない場合は、債権者から差し押さえなどの強制執行を受けることになります。
そうなるとせっかく守ろうとした家に結局住み続けられなくなってしまいますから、調停が成立してからも返済が遅れないように十分注意しましょう。

 

コメントは受け付けていません。