特定調停のメリットデメリット

特定調停は債務の減額や返済条件の緩和を簡易裁判所を通して行うものです。

 

メリットとしては裁判所の調停員や裁判官が調停案や和解案を業者に提示し、早期に解決できる点です。
債務の件数にもよりますが、手続きの開始から約3ヵ月前後で調停が完了します。

 

また、手続きの開始と同時に返済がストップするため、借金に追われることが一時的になくなります。
再スタートの期間として充てられる点も一つのメリットです。

 

デメリットは収入によって調停不調になることがある点です。
債務の減額などがあっても3年内に返済することになるため、自己破産のように借金がゼロになることはありません。

あくまでも債務を支払い続けることができる力があるかどうかが調停をスムーズに進めます。

 

また、自己破産と同様に信用情報機関に事故記録としてブラックリスト入りになります。
一定の期間はローンを組みことやクレジットカードの申し込み、消費者金融の借り入れもできなくなります。

 

この他にも信用情報が必要となる賃貸契約における保証会社への照会にも影響が出ることがあります。

 

加えて調停手続きの直近に返済不能になることが予測しているにも関わらず、借り入れの履歴があると調停に対する意思を疑われ、手続き自体ができない場合があります。

コメントは受け付けていません。